HOME > 突撃ヤングパンタジスタ > 大発明か?餃子で新食感カレーパン?

突撃ヤングパンタジスタ

2015年10月09日    

大発明か?餃子で新食感カレーパン?


皆さんこんにちは。
シルバーウィークも過ぎてしまいましたが、充実したカレーパンライフを送られましたでしょうか。

最近はいかに簡単にカレーパンを作れるかを必死に考えていました。
カレーは結構簡単に作れるんですが、パンが結構クセモノなんですよね!
時間がかかるし、その時の気温とか湿度に敏感だったりで、パンを作る度にその奥の深さを痛感するわけです。

話は変わりまして、先週末に友人を呼んでカレーパーティをやってみました!スパイスからカレーを 3 種類、
あとはサラダなどを前日から仕込んでいました。
おかげさまでパーティ自体は問題無く終えることができたのですが、問題が起こりました。

意外にもみんな少食で、カレーは余ったのはいいのですが、サプライズ用の餃子を作れず、、、。
実は餃子の皮を自作していたのですが、陽の目を見ることができなかったんですね。
皮を大量に作ったので、餃子 100 個分くらいになるでしょうか。

gyouza01.jpg

ここでひらめきました!
これでカレーパン作ればいいじゃん!!!

どうせ生地は小麦で違いないんだし、気合で膨らんでくれるかも!!

ということで、午前 1 時に思いついたアイディアをその場で実践です。
何事も想像だけじゃなくて、やらないとダメです!行動大事。

gyouza02.jpg


でやーって包みます。
餃子の皮も贅沢に厚めに使用しています!
見た目はカレーパンぽいですかね!!

カレーはチキンティッカマサラカレーというチキンカレーと、ダルタルカという豆カレーを使いました!

gyouza03.jpg


そして、焼きます!今回は焼きカレーパンです!

しかも!しかもですが!餃子と同じ焼き方でやってみました!

gyouza04.jpg


いいタイミングで水をダバーーーーっと入れます!

gyouza05.jpg


蓋をして、音が変わったらあとはまたちょっと焼いて出来上がり!!

出来上がりがこれです!
ちょっと焼きすぎましたね!でも香ばしくて美味しいかもしれないです!

gyouza06.jpg


そして実食!

gyouza07.jpg


皮はふっくらというより、すごいもちもちしていました。
でもカレーの味はしっかりするし、これはこれでアリなんじゃないですかね。

簡単に時間をかけずに生地を作りたいときはよい方法かもしれません。

なんたって、イースト菌が入りませんので、イースト菌の気分に合わせて生地の具合が変わることありませんし、
時間がかかりませんからすぐに作れます!

カレーを作ってしまうと、そのあと 3 日間ずっと食事にカレーが出てくることってありますよね?
その時に、カレーライスもカレーうどんもいいですが、この新型カレーパンも検討してみてはいかがでしょうか?
みんなで包むとまた幸せがふくらみますよ!!



<餃子風カレーパン?の作り方>

・皮作り
1. 強力粉 2カップ、薄力粉 1 カップ、塩少々をボールにダバー
2. 熱湯を 100cc くらい入れて、はしかへらで混ぜます。生地の様子を見ながらさらに足してください。
 熱湯はすごい熱いし、小麦粉を触ると手にまとわりついてやけどの恐れがありますので注意!!
3. 生地が触れるようになったら手でこねます。
4. まとまったら冷蔵庫に IN!! 1 時間くらい寝かせます

・カレー作り
5. 愛情たっぷりのカレーを作ります。
6. 冷めた状態でもカレーがシャバシャバなら、小麦粉を適時ダバーしてとろみを追加してください!

・包む
7. みんなで笑顔で包みます。

・焼く
8. 油をひいて、フライパンで焼きます。
9. 焼き目がついたら水をダバー
10. 水気がなくなったら出来上がり!!


突撃ヤングパンタジスタ